-HACO-

アコギ一本で歌をうたってます。Oh my dollというロックンロールBANDもやってます。Twitter @HACOtheHACO

淡々とがかっこいい

裏で淡々とやるのがかっこいい

表はどれだけふざけてようがいいのだ

漫画の主人公のようなキャラに結局は大人になっても憧れるのだ。

 

野球の魅力は

チームプレイであり個人プレイでもある

どっちも重要

なんてことをイチローが言ってたけど

バンドも似てるなーと。

 

しかしかながら、やっぱり個々のスキルが無きゃチームの最大限も上がっていかないわけでして、

個人練習がモノを言う。

チューニングずれてようが関係ねーぜ!みたいな

ロックンロール!みたいな

そんなんじゃなくてさ、

やっぱりグルーヴ出ててカッコイイ人達ってみんな上手いんだよね、俺の知ってるカッコイイ人達って。

なんて、音楽やってる人からしたら何てことないことを言ってみたけど

先日、都内のスタジオにフラッと入ったときに

一生懸命な顔で個人練習してる知人に遭遇して

声はかけなかったんだけど

なんでかって、そんな個人練習するようなイメージのない人だったから。

なんか声かけちゃいけないような気がしたからやめたんだけど。

かっけーなー、こーゆーの、って。

 

でもそれは、かっこよくなりたいとかの以前に好きなんだろうなとか思っちゃう。

俺も個人練習はよくやるし、楽器は毎日触るんだけど、練習は嫌い。

ただの目立ちたがりやだからね。

けっこー苦痛だけど、かっこいーライブしたい一心だ。

ただライブやるだけなら音楽はやめる。

かっこいいライブしたいくせに練習しないやつは

ウンコマンだからな。

 

 

なんでもそうなんだけど、

きっとイベントなんかもそう。

ただイベント打つだけならやらないぜって思いながら、特別な意気込みでイベントやってる人達がいる。

次の土日で開催される越谷Asylumってイベントもそう。

越谷駅周辺を何ヵ所も占拠して

同時でライブがおこなわれるサーキットイベント

それにマルナナマーケットって街のイベントも合同で、街フェスになる。

いろんなショップや絵や写真のアート、そして音楽が真っ昼間から盛り上がるのだ。

草の根、なんて言ったりしているが

まだまだ売れるってのから程遠いところにいるが

とんでもなく素敵なアーティストが大勢出演する。

 

これも、一見、聞こえはいい。

華やかだ。

しかし、そのイベントを動かすために何人もの人が動いている。

みんなは知らない労力と時間を費やしている。

 

何度か、実行委員の方々の拠点になっている越谷にあるゴリゴリハウスの前を通ったが

遅くまで灯りが付いていた。

ただ出演する俺からしたら、感謝、その一言しか出ない。

 

先程の個人練習もそうだが、

裏でどれだけやったかが勝負の世界はどこにでもありますな。

なんだって、それを感じなければならない。

 

それを感じれる、感じようとする

そのアンテナが人より神経質に立つならば

 

無論、次のアサイラムの俺のステージに手抜きなどあるわけもないのだ。

実行委員の方々、目の前で見てくれてる奴らに

陰でシコシコやってること見せるのだ。

きっと、この日の出演者にウンコマンは居ないから、

おれ、ウンコマンじゃんってならないように頑張る!笑

ヨロシコお願いします!